豊和すまいる保育園|園だより

2020年 6月号

  • 園の様子
  •  気温が高くなり、少し汗ばむような時期になってきました。 お外でも過ごしやすいシーズンですが、新型肺炎コロナウイルスの流行により “春”を感じる事ができないまま終わってしまいました。 このような春やGWがもう二度とない事を願うばかりです。 保護者の皆様には家庭保育にご協力いただき、本当にありがとうございました。 第二波が来ることも予想されておりますので園では気を緩めず感染防止対策に努めていきます。  家庭保育期間中は十分に体を動かすことができなかったり、 普段と違う生活リズムになったりすることにより、子ども達の様子にも変化が見られたと思います。 保護者の皆様と連携して無理のないように園生活のリズムに戻していき、 子ども達にとって過ごしやすい環境になるようにしていきますので引き続きご協力よろしくお願いいたします。
感染症防止対策について
  • 園内に入室する際、衣服と手指の消毒
  • 送迎時、園内に入室する際はマスクの着用
  • 登園時エントランスでの検温
  • 園内に入室する際、衣服と手指の消毒
  • 使用した玩具の消毒(一度使用した玩具は全て消毒)
  • 次亜塩素酸水を使用して空気の除菌
  • 1日2回の園内消毒(子どもの手が触れる場所や床等)
  • 換気の徹底
  • 職員のマスク着用・勤務前の検温
  • 混雑している公園の使用を避ける
2歳児クラスのお友だち

 後うがいを始めます。 準備ができ次第持ってきてください。 準備する物:コップ・コップ袋

 あっという間に春が過ぎ去り、季節は夏ですね。 もうそろそろあじさいが咲き始め、ジメジメとした梅雨がやってきます。 調理室の環境を整えながら、食中毒に十分注意して給食を提供していきたいと思います。

噛む習慣をつける
 く噛んで食べる事は歯の健康に繋がります。 れんこんやごぼうといった歯ごたえのある食材をプラスして噛む回数を増やしていきましょう。 よく噛むと良い事がたくさんあります。 6月4日は虫歯予防デーです。 ごはんをおいしく食べられるように健康な歯を維持していきましょう。 ●歯の病気予防 あごの筋肉や発達に影響を与えるため、歯並びが良くなります。歯並びが悪くなると、 食べカスが歯につきやすくなり虫歯の原因になります。 ●肥満を予防 脳の満腹中枢は食べ始めて30分ほどで作用していきます。 よく噛むとゆっくり時間をかけて食べる事になるため、 満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防ぎます。 ●消化を助ける 唾液には消化酵素が含まれています。 よく噛むと唾液の分泌が促進され、胃腸の消化を助けてくれます。
食中毒予防
 雨の時期には、食中毒菌が増えやすくなります。 食中毒予防の3原則、食中毒菌を「つけない」「ふやさない」「やっつける」 を守って夏を元気に過ごしましょう。 「つけない」 いただきますの前など手をしっかり洗いましょう。 「ふやさない」 作り置きはせずに、ご飯を作ったら出来るだけ早く食べましょう。 「やっつける」 肉や魚を調理する際は鮮度の良いものを選び、中心までしっかり火を通しましょう。
★ 絵本おやつ始めました ★
 本に出てくるおやつを毎月出していきます。 5月は「しろくまちゃんのホットケーキ」でした。いつもはカットしていますが、 今回は小さめに焼いて絵本のように重ねてみました。今月の絵本おやつもお楽しみに♪

  • うさぎ組
  • うさぎ組
  • うさぎ組 傘
  • らいおん組
  • らいおん組
  • らいおん組 傘
うさぎ組
梅雨になると毎日どんな天気なのか気になる様子の子ども達。 雨の日は先生と一緒に傘を持って雨音を聞くことがとっても大好きです。
らいおん組
 梅雨の時期にちなんで“傘”の製作を作りました。1歳児はスタンピングで、2歳児はデカルコマニーという技法を使っています。