ホーム > 子育て支援

子育て支援
制度の概要

子ども・子育て支援制度

全ての子どもが健やかに成長することができる社会の実現を目指して、平成24年8月に「子ども・子育て支援法」という法律が作られました。
この法律とその他の関連する法律に基づき、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援を総合的に推進する「子ども・子育て支援新制度」が平成27年4月からスタートしました。
消費税率引上げによる増収分を活用し、子育てを社会全体で支えていこうという取り組みです。

企業主導型保育園

平成28年度に内閣府が開始した企業向けの助成制度です。
認可保育園ではなく、企業が主体で保育園の運営を行っております。
しかし、認可保育園と同じ条件でなければ運営ができないことから、認可保育園同様に徹底した管理と質の高い保育を実現することができます。

従業員枠(企業枠)と地域枠があり、地域枠は定員の50%の割合で受入れが可能です。当園及び運営元(株式会社豊和)の社員、または提携会社の社員が保護者の一方の場合、従業員枠を利用して優先的に入園することができます。
保護者の収入により保育料が決まる認可園とは異なり、一定の保育料で安価で保育が出来るシステムです。
この「企業主導型保育事業」を導入しているのが、豊和すまいる保育園神戸三宮校です。
預入先が見つからないため仕事復帰が出来ない、という従業員のための取り組みですが、運営元または提携会社に勤めていないご家庭でも利用でき、地域の保育に貢献することができます。

事業所内保育事業A型

企業が主体となり、従業員の子どものほか、保育を必要としている地域の子どもも含めて保育する事業で、自治体が管理する認可保育園という位置づけです。
事業所内保育事業はいくつかに別れており、 B型は職員の半分が保育士であれば運営可能。
C型は保育士でなくとも、市町村長が行う研修を修了し知識と経験を認められた者あれば運営可能。 というのに対し、 豊和すまいる保育園が行っているA型は、保育士全員が保育士資格をもっており、経験豊富な職員の配置により、安心出来る質の高い保育を維持することができる園です。
また、企業主導型と同様に、提携会社の社員のご家庭の子どもも従業員枠として優先的に入園できます。
従業員枠・地域枠に関わらず、利用者は自治体の支給認定を申請し、認定証の交付を受けてから入園が可能になります。

topへ